競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャニュアリーS



 中山メーンのジャニュアリーSはダート短距離のハンデ戦。前日の東西金杯に加え、このレースと京都の万葉ステークス。今週の開催は東西メーンの4レースすべてがハンデ戦という構成になっている。
  4歳馬不在、5歳馬も(8)キョウワマグナムと(10)スイートジュエリーの2頭だけというジャニュアリーSだが、全体的に低レベル。指数的にオープン勝ちの基準に達する馬が1頭もいない中、各ソフト苦渋の選択を強いられることに。もっとも、万葉Sはそれに輪をかけた状態ではあるのだが。
  そうなると、やはりトップハンデ57.5kgの(11)マルカバッケンと(16)セレスハントは軽視傾向。『カツラギ』は予想勝率14%で(3)アドマイヤサガスを筆頭に推奨し、『C−Lex』は13%(12)スノードラゴンが本命。それらに続くのは11%(10)スイートジュエリーで、この辺りが中心勢力ということになる。
  穴系ソフトの推奨は(9)キョウワマグナムと(2)リュンヌ、(6)トーホウチェイサーの3頭で、混戦ではあるが(3)アドマイヤサガスが総合首位。ジャニュアリーSは(3)から(12)(10)(9)(2)(6)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.