競馬マスターズ
2018年07月22日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中山金杯



 年明け早々、驚きの『カツラギ』高評価が出現。レースは中山金杯、馬は予想勝率62%の(10)サムソンズプライドだ。その要因は直前走のディセンバーS。このレースのスピード指数が異様に高く、兎にも角にもそれが決め手となっている。
  そのディセンバーSは、たしかに中盤以降流れの締まった好レースだった。しかしそれにしても同レース2着の(9)セイクリッドバレーや5着の(5)サクラアルディートではなく、10着(10)サムソンズプライドという辺りが『カツラギ』予想の摩訶不思議。年齢、伸びしろの差だろうか。(10)サムソンの62%には遠く及ばないのだが、(5)サクラは18%で2番手、(9)セイクリッドも5%で3番手に付けている。
  ところが話はそれだけで終わらず、さすがに(10)サムソンズプライドに◎を打つソフトは他にないのだが、『ダビジェネ』『C−Lex』など大半の予想ソフトが同馬を3番手〜5番手に評価。同様にディセンバーSが高指数で、(9)セイクリッドや(5)サクラと同等以上に評価されている点も類似。中山金杯はディセンバーS組が中心、(10)サムソンズプライドから(9)(8)(5)(2)(1)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.