競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神カップ



 オルフェーヴルの歴史的圧勝で有馬記念も終了し、本年競馬開催の最終日。阪神メーンの阪神カップは、キンシャサノキセキが09年と10年を連覇し、それに続いて11年と12年は(6)サンカルロが連覇。当代随一のコース巧者が、今年は3連覇を目指すことになる。
  しかしながら(6)サンカルロは昔から予想ソフト受けする馬ではなく、過去2年の阪神カップも評価は低め。今年も予想勝率1%、総合11番手にしか評価されなかった。
  『カツラギ』と『C−Lex』は(3)ダイワマッジョーレを筆頭に推奨し、これが予想勝率31%。高いレベルで安定した指数を出し続けている同馬は、ここでも崩れる要素が見当たらないということか。
  『カツラギ』の2番手は14%の(8)サダムパテックで、3番手(16)コパノリチャードに4番手(18)マジンプロスパーが13%。さらには11%(10)リアルインパクトと8%(7)クラレントの後は大きく離れており、馬券的にはかなり絞りこめそう。阪神カップは穴系ソフト推奨の(14)ガルボと(11)ラインブラッドも加え、(3)ダイワマッジョーレから(18)(7)(10)(14)(11)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.