競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップダート



 前年の上位馬がズラリと並び、さらには古豪(4)エスポワールシチーに新鋭3歳(5)クリソライトと(15)インカンテーション。それらに加えて芝からの転戦で新興勢力となった(12)や(7)。ラストイヤー、今年のJCダートは有力馬が十指に余る華やかな一戦と言えるだろう。
  それでもおそらく、人気は(6)ホッコータルマエの一強となるのだろう。前年このレース3着以降も今回のメンバーとは幾度となく対戦し、そのほとんどで完勝を収めているからだ。
  しかし予想ソフトは、その人気を真っ向から否定する。『C−Lex』は(15)インカンテーションを筆頭に推奨し、『ダビジェネ』本命は(7)ブライトライン。予想ソフトの多くは地方成績を考慮できないため、その影響かと思われたのだが、地方成績にも指数を出す『カツラギ』さえも14%(6)ホッコーではなく15%(8)ワンダーアキュートのほうを上位に挙げているのだ。
  たしかに(6)ホッコータルマエの近走は、どこをとってもここで勝ち負けになる高指数。それでも、今回に限ってはその指数で走れないのではないかという見解。JCダートは(8)から(15)(12)(7)(2)(10)の結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.