競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 東京スポーツ杯2歳S



 97年キングヘイローや98年アドマイヤコジーン、01年アドマイヤマックスなど、かつては勝ち馬がG1級スプリンターに育っていた東京スポーツ杯2歳Sだが、近年は08年ナカヤマフェスタや09年ローズキングダムなど本格派の台頭。そして一昨年はディープブリランテがダービーを制し、近年はクラシックへ向けての重要な一戦と変貌しつつある。
  このレースは新馬戦を勝った直後の1戦1勝馬が過去10年で6勝。これは同時期の2歳重賞の中でも特異な傾向で、その傾向ゆえか1戦1勝馬が人気の中心となることも多い。今年は(5)ラングレーや(9)サトノアラジンがそれに当てはまるか。
  しかしながら予想ソフトが行うのは、未来予測ではなく過去実績の比較。馬の成長度を予測するわけではない。そういった意味では1戦1勝馬にスポットが当たるはずもなく、『ダビジェネ』や『C−Lex』は(12)ハイアーレート、(1)イスラボニータといったキャリア3戦馬を推奨してきた。
  さらに『カツラギ』はキャリア4戦の(7)ワンアンドオンリーを筆頭に支持。予想勝率28%、東京スポーツ杯2歳Sは(7)から(1)(12)(4)(2)(11)の結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.