競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(秋)


 昨年は牝馬の出走がなかったのだが、それ以前は4年連続で牝馬が1番人気を集めていた天皇賞。ちなみに昨年の1番人気も3歳馬のフェノーメノで、実は斤量56kgの馬が5年連続で1番人気を継続中でもある。
  そしてどうやら、今年も斤量56kgの牝馬が1番人気を集めそうな気配。言わずと知れた(9)ジェンティルドンナだ。
  しかしながら、(9)ジェンティルドンナの予想ソフト評価は存外に低い。ここで勝ち負けになる指数を記録したのは唯一JCのみで、あとは入着級といった程度。宝塚記念3着もスピード指数は高くなく、『カツラギ』予想勝率7%、総合4番手の存在でしかない。
  それに対して、予想ソフトが絶賛するのが(11)トウケイヘイロー。これはやはり前走の6馬身差圧勝が効いており、ここだけが飛び抜けた高指数。『カツラギ』予想勝率22%、『ダビジェネ』や『C−Lex』も文句なしで◎はこの馬である。
  正直なところ圧勝が続出した8月下旬札幌芝の指数には懐疑的なところもあるのだが、それを差し引いても(11)トウケイの優位は変化なし。天皇賞は(11)から(16)(1)(2)(15)(4)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.