競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 富士S


 東京メーンの富士ステークスは、G1・マイルCSへのステップと位置づけられるG3。2週前には類似条件のG2・毎日王冠、翌週にはG1・天皇賞が控える日程で、手薄になりがちなメンバー構成。ゆえに人気薄の好走がめだつ、大荒れ傾向の重賞となっている。
  そういった中、人気はおそらく(9)ダノンシャークか。昨年までは煮えきらない実力馬の代表格といったイメージだったが、G1・安田記念3着に続いて秋緒戦も2着と好走。いまだ重賞1勝馬ながら、ここでは格上的存在といっても過言ではない存在になってきた。
  その辺りは予想ソフトも大いに評価するところで、なんとこれが『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』など、主要ソフトすべての本命。とりわけ、『カツラギ』の示す予想勝率52%は特筆すべき事項だろう。
  『カツラギ』の2番手は9%の(12)リアルインパクトなのだが、それを除くソフトの多くは(3)リルダヴァルと(14)エーシンミズーリを2、3番手に推奨。穴系ソフトが注目しているのは最内(1)ブリッツェンと大外(15)ダノンヨーヨーの2頭で、富士Sは(9)ダノンシャークから(3)(14)(12)(1)(15)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.