競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大阪スポーツ杯


 本日の阪神メーンは準オープンの大阪スポーツ杯。ここは10頭立ての少頭数ながら、(1)タイセイシュバリエと(9)キズマ、両雄の対決が楽しみな一戦となった。しかしこの両頭の予想ソフト評価は(1)タイセイシュバリエ一択。すべてのソフトが同馬に◎を打っている。
  (1)タイセイシュバリエの『カツラギ』予想勝率は42%で、2番手に21%の(9)キズマ。それらに続く3番手は12%(2)トーホウプリンセス、さらには9%(6)シゲルソウサイという評価順となっている。
  『Queen』をはじめとする穴系ソフトの推奨は(8)ケイトと(3)ウッドシップが目立つところで、大阪スポーツ杯は(1)タイセイシュバリエから(9)(6)(2)(8)(3)へ流す結論となる。
  中山メーンのセプテンバーSは、『ダビジェネ』本命(14)マッキーコバルト、『C−Lex』推奨(3)ブランダムール、さらには(1)セイコーライコウや(15)ミヤジエムジェイなど票割れ気配。しかしここは『カツラギ』が阪神メーンのタイセイシュバリエを上回る予想勝率49%で(7)プレイズエターナルを推し、混戦に断。こちらは(7)から(3)(14)(8)(2)(5)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.