競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - セントライト記念


 アポロソニックの回避で手薄なメンバーとなったセントライト記念。一応は2頭の重賞勝ち馬、(6)ヒラボクディープと(14)ケイアイチョウサンが人気の中心となりそうだが、どちらも人気薄での重賞勝ち。波乱含みのムードはある。
  『カツラギ』の本命は予想勝率26%での(6)ヒラボクディープ。しかしそれを圧倒的多数票で上回る馬がいた。その名は(11)バンデ。前走500万下ながら、2着と2.8秒という記録的な大差で逃げ切った馬だ。『ダビジェネ』も『C−Lex』も、当然のようにこの馬が本命。(6)ヒラボクや(14)ケイアイと比較しても、笑ってしまうぐらいの高指数なのだ。
  この圧勝を特殊な馬場でのイレギュラーと考えるべきか否か。これを勝率11%の3番手にとどめる辺りが『カツラギ』のクレバーさなのかもしれないが、予想ソフトの総意としては(11)バンデで動かしようがない。
  当然この(11)バンデは穴系ソフトにも大人気で、諸刃の剣ではあるが面白い存在。ほかに目立つ穴馬は(4)マイネルに(10)ナンヨーといった辺りで、セントライト記念は(11)バンデから(6)(3)(2)(4)(10)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.