競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟2歳S


 1番人気は過去10年で5勝の好成績。しかし毎年のように二桁人気の馬が連対していることから、つかみどころのない重賞となっている新潟2歳S。勝率の高い馬から穴馬に流す、このコーナーの趣旨にはピッタリの重賞とも言えるのだが。
  しかしどうも上手くはいかないようで。今年1番人気の(17)ハープスター、その予想ソフト評価がどうにも上がってこないのだ。これがなんと△の印が散見される程度、『カツラギ』に至っては予想勝率1%未満の16番手評価で、総合でも6位の存在でしかない。
  『カツラギ』評価がこれほど低い1番人気も珍しいのだが、それにしても『ダビジェネ』推奨の(4)ダウトレス、『C−Lex』の(1)アラマサ、そのほかにも(2)モズハツコイや(18)ピークトラムなど、各ソフトの本命がまったく一致しない。
  結局は『カツラギ』本命の(14)セトアローが、予想勝率35%の高率ということもあって紙一重で総合首位。たしかに前走はダート1000mとはいえ、かなりの好ラップだった。票割れがすぎて穴系ソフトの印にまで手が回らないのだが、新潟2歳Sは(14)から(4)(1)(2)(18)(9)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.