競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エルムS


 連勝中で勢いのある(2)(5)(12)辺りが中心勢力となりそうなエルムステークス。特に(2)ブライトラインは芝の重賞勝ち馬がダートに転戦して、準オープンとオープン特別を連勝。ここも勝てるようなら、そのままダート界の頂点を嘱望される存在にもなりそうだ。
  予想ソフトもその流れには逆らわず、その大半が(2)ブライトラインの本命で安定。『カツラギ』予想勝率は25%。『C−Lex』が(5)ダノンゴールドのほうを上にとり、『カツラギ』が2番手に(9)グランドシチーの名前を挙げてはいるのだが、(2)(5)(12)の3頭で、総合での上位は揺るぎないものとなっている。
  一方、穴系ソフトの推奨はなぜか(7)トーセンアレスのみに集中し、全体的には堅めの買い目提示。エルムSは(2)ブライトラインから(5)(12)(9)(11)(7)の結論となる。
  新潟メーンの朱鷺ステークスは、G1・高松宮記念と安田記念を連続好走した(1)サクラゴスペルが予想勝率48%での『カツラギ』本命。ここも『C−Lex』がちょっとひねって(9)サンディエゴシチーのほうを上にとっているが、逆転までには程遠く、こちらは(1)から(9)(10)(7)(3)(8)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.