競馬マスターズ
2018年09月23日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館日刊スポーツ杯


 本日の函館メーンは短距離の準オープン、函館日刊スポーツ杯。このレースの注目馬は『カツラギ』予想勝率50%、スプリント路線に戻って息を吹き返した3歳馬の(12)アットウィルだろう。条件戦とはいえ50%の予想勝率は圧倒的で、2番手18%(1)ニシノビークイックや3番手9%(10)ストレイトガール以下を大きく突き放している。
  その(10)ストレイトガールは『C−Lex』の本命で、『ダビジェネ』は(5)セイコーライコウを推奨。(2)ポアゾンブラックや(15)ルリニガナを推す声もあるが、票が割れすぎていずれも(12)アットウィルには及ばず。
  穴系ソフトの推奨は(3)バートラムガーデン、(9)ビスカヤに(5)セイコーライコウといった牝馬勢で、(12)アットウィルの相手には牝馬を中心に選んでみたい。夏は牝馬。函館日刊スポーツ杯は(12)から(10)(5)(3)(9)(4)へ。
  中京メーンの桶狭間Sは、こちらも『カツラギ』本命の(3)カネトシイナーシャが総合首位。その予想勝率は15%だが、各ソフトの評価が函館以上に割れており、なんとか総合首位をキープ。こちらは(3)から(9)(7)(6)(1)(4)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.