競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 夏至ステークス


 本日の東京メーンはダート1600m、準オープン、ハンデ戦の夏至ステークス。ここは前走、下のクラスを抜群の手応えから楽勝した(4)アンアヴェンジド、そして近走重賞で好走を見せた(10)アメリカンウィナー、(12)シルクシュナイダーなどが人気を争うことになりそうだ。
  そういったメンバーの中でも、予想ソフトが一番に注目するのは4歳馬にしてトップハンデの(10)アメリカンウィナー。『カツラギ』が提示する同馬の予想勝率は29%で、『C−Lex』『ダビジェネ』などもその推奨に同意。2番手14%(4)アンアヴェンジド、3番手10%(12)シルクシュナイダーを大きく引き離しての総合首位に挙げられている。
  また、このレースには伏兵が多く存在し、『ダビジェネ』対抗の(6)ダンシングマオを筆頭に、(2)マルブツビアン、(7)タイムズアロー、(15)ディーエスコンドル、(14)アグネスアンカーに(11)スピードリッパーなど、穴系ソフトの推奨は五指に余る状態。夏至ステークスは(4)(12)をあえて外し、圧倒的高評価の(10)アメリカンウィナーから(6)(2)(7)(15)(14)に流す結論でまとめてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.