競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天保山S


 夏競馬、函館開催の開幕。近年は新潟や中京の改装で3場すべてというわけにはいかなくなってしまったが、小回り平坦が夏競馬の基本。それは同時に予想ソフトが得意とする条件でもある。暑い夏競馬とダートの多い厳寒期、対極に位置する両期間こそが、予想ソフトでの稼ぎどころなのだ。
  阪神メーンの天保山ステークスは、ダート短距離の別定戦。ここは前走同コースの同条件でハナ差2着の(6)マルカフリートが人気を集めることになりそうで、予想ソフトも全会一致で同馬を本命に挙げてきた。
  『ダビジェネ』『C−Lex』はもちろん、『カツラギ』にしても予想勝率34%での筆頭推奨。対抗評価も八割方(16)シセイオウジで、こちらは予想勝率14%。この2頭が大きく抜け出し、あとは(7)ファリダットも含めて横一線となっている。
  3番手以降混戦なら、注目したいのは穴系ソフトの推奨馬。実はこちらにも(6)マルカフリートと(16)シセイオウジの名前が挙がっている辺りややこしいのだが、それらと並んで(9)セイカプリコーン、(12)ドスライス、(3)エーシンヒットマン。天保山ステークスは(6)から(16)(10)(9)(12)(3)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.