競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エプソムカップ


 東京メーンのエプソムカップは秋の飛躍を誓う試練の一戦。実績馬の出走は少ないが、ここを勝てば余裕をもって秋のG1戦線に挑めることになる。暑い夏が来る前に賞金を加算しておきたいところだ。
  そういった意味では重賞1勝の(9)ファイナルフォーム、(13)ジャスタウェイや(14)サトノアポロ辺りの陣営は力の入るところなのだろうが、基本的に予想ソフトは実績重視。重賞3勝の(3)クラレントや、重賞未勝利ながら5連続2着の(7)アドマイヤタイシに重い印が打たれることになる。
  『カツラギ』は予想勝率34%で(3)クラレントを強く推し、『ダビジェネ』は(7)アドマイヤタイシが本命。『C−Lex』だけは傾向が違い(10)タムロスカイが◎となっているだが、これは他ソフトの理解が得られず総合4番手まで。代わって(2)リルダヴァルが総合3番手に食い込む形となった。
  冒頭の重賞1勝3頭は△の印が中心で5〜7番手にとどまり、穴系ソフトの推奨は、(6)ドリームバスケットと(12)シルクアーネスト。エプソムカップは(3)クラレントから(7)(2)(10)(6)(12)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.