競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - マイラーズカップ


 前走ダートで大敗を喫してしまった(9)カレンブラックヒルの、仕切り直しの一戦となるマイラーズカップ。実績のある距離、実績のある条件で、58kgでも真価が問われるところだろう。
  しかし予想ソフトは一様に(9)カレンブラックヒル軽視の方針を打ち出してきた。『カツラギ』は同馬を予想勝率9%の6番手とし、他のソフトを見ても△の印がいくつか付く程度。NHKマイル勝ちも毎日王冠勝ちも指数的に高くはなく、単純に能力上位ではないという評価のようだ。
  『カツラギ』は予想勝率18%で(17)グランプリボスを本命とし、その意見に『C−Lex』も同意。『カツラギ』2番手の16%(2)クラレントは『ダビジェネ』の本命で、この2頭が他をリードする形になっている。
  穴系ソフトの推奨一番手は8歳馬の(1)オセアニアボスで、これはたしかに近走重賞で2度の4着が目立つ隠れた穴馬。近走決して不調ではないマイルG1の2着馬(11)フィフスペトルも穴系ソフトのロジックに合致するところで、マイラーズカップは(17)グランプリボスから(2)(12)(10)(1)(11)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.