競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 桜花賞


 2歳秋から主役が定まらない今年の牝馬クラシック路線。主役不在のまま桜花賞を迎えたと見る向きもあるのだが、この桜花賞にしても、今までのステップレースにしても、決して主役不在ではなかった。主役がそのつど大きく敗れ、2戦続かないだけなのだ。
  実はこのレース、クイーンCとフラワーC連対馬の名前がないだけで、他の牝馬オープン、重賞の連対馬はすべて出走するような勢い。そう考えると、各路線の有力馬が集まる濃密な桜花賞と考える事もできる。
  しかし実績で言うならば、ここにきて一枚も二枚も上の存在ということになった(13)クロフネサプライズ。予想ソフトの本命はこの馬以外に見当たらない。『ダビジェネ』『C−Lex』に加えて『カツラギ』も予想勝率23%で筆頭推奨。2番手10%(14)レッドオーヴァル以下を問題としない高評価。
  『Queen』など穴系ソフトの提案も活発で、(9)プリンセスジャック、(8)ティズトレメンダス、(1)ストークアンドレイが高配当の有力候補。桜花賞は(13)クロフネサプライズからヒモ穴狙い。(6)(7)(9)(8)(1)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.