競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - コーラルS


 久々に重賞の組まれていない競馬開催、本日の阪神メーンはオープン特別のコーラルステークス。ここはダート1400mの巧者が集まった印象だが、その中でもオープン実績と安定性では(7)マルカベンチャーと(16)トウショウカズンが一歩リードのメンバーか。
  しかし予想ソフトが注目するのはそのどちらでもなく、3度の長期休養をはさんで、なお前進を続ける(8)マルカフリート。前走はついにフェブラリーSに挑戦し、単勝13番人気ながら6着と健闘。G1出走が終着点ではない、まだまだ上昇余地のある不屈の7歳馬だ。
  『カツラギ』は(8)マルカフリートの予想勝率を20%と提示し、その本命に『C−Lex』も同調。『カツラギ』2位は18%(6)タイセイシュバリエで、続いて14%(16)トウショウカズン、13%(2)アドマイヤサガス、9%(14)ナガラオリオンの順。
  穴系ソフトが推奨する人気薄は(6)タイセイシュバリエが筆頭で、あとは芝のオープンで実績のある(9)ガンダーラと(15)トシギャングスター。コーラルSは(8)マルカフリートから(16)(6)(14)(9)(15)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.