競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経賞


 前年10月までは条件馬、そこから金鯱賞・G2をレコード勝ち、続くG1・有馬記念でもあわやの2着と好走し、一躍現役トップクラスの評価を得るまでになった(13)オーシャンブルーが、有馬記念と同コースの日経賞に出走。目下売り出し中、ステイゴールドの産駒だ。
  しかし予想ソフトが高く評価するのは(13)オーシャンブルーではなく、もう1頭のステイゴールド産駒(14)フェノーメノのほうだった。同馬は『カツラギ』『C−Lex』の本命で、予想勝率35%。それにくらべて(13)オーシャンブルーは8%の5番手でしかない。
  『カツラギ』2位は予想勝率15%の(5)ダノンバラードで、さらに13%(12)ムスカテール。それらに続く(4)タッチミーノットは12%で、この馬は『ダビジェネ』の本命。
  35%(14)フェノーメノ以外は上位拮抗といったところだが、そのグループに(13)オーシャンブルーが入らない辺りが面白そう。穴系ソフトが目をつけたのは(1)カポーティスター、(2)ロードオブザリングと(3)トウカイメロディの内枠3頭で、日経賞は(14)フェノーメノから(4)(5)(1)(2)(3)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.