競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フラワーカップ


 毎年3月上旬に集中して施行される中山芝1800mの重賞。中山記念、中山牝馬Sに続き、今日、明日のフラワーカップとスプリングステークス。その次は年内施行されず、おそらく来年の中山記念になるはずだ。過去20年以上さかのぼっても変化のない、不思議なコース設定である。
  今年のフラワーカップは2勝馬がダート連勝の(13)タプロームだけという小粒なメンバー構成。そうなると阪神JF5着の(12)カラフルブラッサムがクローズアップされることになるのだろう。
  予想ソフトは『カツラギ』が同馬を筆頭に挙げているものの、その予想勝率は14%止まり。13%でそれに続く(13)タプロームや(9)ブリリアントアスク、さらに11%(2)エクスパーシヴ辺りまでとは紙一重の差と映る。
  その(2)エクスパーシヴは『ダビジェネ』の本命推奨馬であり、『C−Lex』は別視点から(7)ハーモニーフェアを強烈にプッシュ。上位混戦、(12)カラフルブラッサムはあくまでその中の1頭でしかなく、フラワーカップは(7)ハーモニーフェアから(12)(2)(9)(13)(14)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.