競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 弥生賞


 昨年夏から大物と言われてきた(3)コディーノと、晩秋に頭角を現わし、(3)コディーノと並ぶ評価を得るまでになった(12)エピファネイアが初対決。前走敗れてしまった(6)キズナなども含め、皐月賞前、なかなか楽しみな弥生賞となった。
  しかしながら、予想ソフトの本命票は驚くほどに画一。『ダビジェネ』『C−Lex』はもちろん、『カツラギ』も(3)コディーノに◎を打っており、その予想勝率は29%。さらに驚くべきは2番手と3番手が13%(5)マイネルクロップ、12%(4)ミヤジタイガとなっている点で、(6)キズナは7%で6番手、(12)エピファネイアも6%の7番手にしか評価されていない。
  (6)キズナと(12)エピファネイアの低評価は予想ソフト全般の共通した見解であり、ラジオNIKKEI杯2歳Sの指数が相当低く出ているようだ。
  ここはヒモ穴狙いに最適なレース。穴系ソフトの狙い馬は(9)バッドボーイと(2)トーセンワープで、2強でも3強でもない。弥生賞は(6)キズナと(12)エピファネイアは徹底的に軽視し、(3)コディーノから(5)(11)(4)(9)(2)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.