競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - チューリップ賞


 混沌とした牝馬クラシック戦線、その見極めに重要な一戦となる今年のチューリップ賞。実績は同コースのG1勝ち馬(14)ローブティサージュだが、(15)レッドオーヴァルもそれに劣らぬ人気を集めることになりそうだ。
  予想ソフトの見解は、まず『カツラギ』が予想勝率19%で(14)ローブティサージュを筆頭に推奨。前述(15)レッドオーヴァルが17%でそれに続き、さらには16%(7)クロフネサプライズと10%(4)ウリウリ。意外と上位は拮抗といった感触か。
  しかし(14)ローブティサージュの首位は安泰ではなく、『C−Lex』と『ダビジェネ』は(15)レッドオーヴァルのほうに◎。ただし同馬は穴系ソフトからの印も厚く、逆に人気での信頼度という点では疑問符も。チューリップ賞は(14)ローブティサージュが安定度で上回ると判断し、(14)から(15)(4)(9)(11)(3)に流してみたい。
  中山メーンのオーシャンSは、予想勝率32%の(8)サクラゴスペルが『カツラギ』『C−Lex』など過半数の支持を得た。実績上位ではないが、前走指数はG1級の破格なもの。こちらは(8)から(5)(7)(1)(10)(2)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.