競馬マスターズ
2018年09月23日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 東京新聞杯


 真冬の東京、名物レースとなっている東京新聞杯。このレースにはジェンティルドンナの全姉である(9)ドナウブルーが出走。血統背景だけではなく、昨年のマイル戦線では重賞2勝とヴィクトリアマイル2着にマイルCS3着。G1戦線でも準主役級の活躍を見せたこの馬が54kgでの出走できる辺り、他馬陣営にとっては大きな脅威になるだろう。
  予想ソフトもそれを察してか、『C−Lex』と『カツラギ』が同馬を問題なく筆頭に推奨。予想勝率は2番手17%(13)リアルインパクトや3番手14%(5)クラレントを引き離しての29%。活きのよい4歳勢にも付け入る隙を与えない。
  穴系ソフトが注目するのは、やはり実績のある高齢馬で、(10)レッドスパーダ、(2)リーチザクラウンに(7)キングストリートといった7歳勢。4歳勢の評価は今ひとつ上がらず、東京新聞杯は(9)から(13)(8)(10)(2)(7)に流す結論となる。
  京都メーンのきさらぎ賞は、『カツラギ』予想勝率20%の(7)アドマイヤドバイと、『ダビジェネ』『C−Lex』推奨の19%(3)タマモベストプレイが拮抗。こちらは(3)から(7)(4)(5)、(7)から(4)(5)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.