競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都牝馬S


 牝馬限定重賞の別定戦、京都牝馬Sには(4)ハナズゴールが出走。前年チューリップ賞でジョワドヴィーヴルやジェンティルドンナを一瞬で置き去りにした好素質馬が、紆余曲折を経て、やっと1番人気を期待されるところまで復調してきた。
  しかし予想ソフトによる評価はシビア。同馬に◎を打つソフトは『ダビジェネ』のみであり、総合で3番手。『カツラギ』予想勝率も12%と渋めの評価を提示している。
  『カツラギ』の本命は予想勝率21%の(14)エーシンリターンズで、続いて13%(3)レディアルバローザ。この辺りはさすがに重賞実績にまさる6歳勢かと思いきや、(3)レディはともかく、(14)エーシンは意外なことに、いまだ重賞未勝利。前年阪神牝馬S4着、関屋記念2着の指数が高く出ているのだが、どちらも牝馬に敗れているだけに不可解といえば不可解。
  重賞実績といえば忘れてはならないのが、(3)レディアルバローザと同じく重賞2勝の同齢馬(12)アプリコットフィズ。『C−Lex』推奨のこの馬が総合でも首位に立ち、京都牝馬Sは(12)から(14)(4)(3)(9)(5)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.