競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 有馬記念


 ジェンティルドンナとオルフェーヴル、出走していれば1番人気を争っていたであろう両馬は回避してしまったが、二冠馬(13)ゴールドシップが参戦を表明した有馬記念。無尽蔵ともいわれるスタミナで、並みいる古馬を相手に堂々の1番人気を背負うことになる。
  高的中率を誇る予想ソフト『カツラギ』は、やはり(13)ゴールドシップが本命。しかしその予想勝率は15%でしかなく、14%(10)ダークシャドウや(9)ルーラーシップとは紙一重。さらに12〜13%の位置に(2)エイシンフラッシュ、(16)ルルーシュ、(8)トレイルブレイザーの3頭が並び、上位6頭横一線の形となっている。
  そして『カツラギ』以外の予想ソフト、『ダビジェネ』や『C−Lex』などは、本命(9)ルーラーシップ、対抗(10)ダークシャドウでほとんどが一致。つまり(13)ゴールドシップを高く評価しているのは『カツラギ』だけといった状態なのだ。
  こうなっては、さすがに『カツラギ』も多勢に無勢。(13)ゴールドシップは総合で4番手の位置まで沈み、有馬記念は(9)ルーラーシップから(10)(8)(5)(7)(4)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.