競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 朝日チャレンジカップ


 昨年までは初秋の2000m重賞として定着していた朝日チャレンジカップが、施行条件を大幅変更。毎年10頭立て前後のやや寂しいレースというイメージだったが、今年は17頭立てのにぎやかなレースとなった。ここを勝てば有馬記念に……と目論む馬もいるだろう。
  それが期待されるのは一昨年ルーラーシップや昨年レッドデイヴィスのような3歳馬なのだろうが、予想ソフトは3歳馬軽視の傾向を出してきた。いや、それどころか4歳馬も軽視して5歳馬に印が集中している。
  『カツラギ』の本命は予想勝率15%の(7)リルダヴァル。『ダビジェネ』と『C−Lex』もそれぞれ(9)ショウリュウムーンと(8)シルクアーネストに◎を打ち、(3)ネオヴァンドームや(2)ミッキードリームも含め、上位評価はすべて5歳勢。そのあとに続くのが6歳馬(16)トライアンフマーチといった状態だ。
  この傾向は穴系ソフトも同様で、こちらは(14)キングストリート、(11)ライブコンサートなどの更なる高齢馬。朝日チャレンジカップは評価割れも、3、4歳馬軽視。(7)リルダヴァルから(9)(8)(3)(14)(11)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.