競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップダート


 豪華メンバーがそろった阪神メーンのジャパンカップダート。その中でも注目は(4)エスポワールシチーや(7)トランセンドといった古豪ではなく、ダート7連勝で一気に頂点をねらう(10)ローマンレジェンドの存在だろう。
  しかし、予想ソフトの(10)ローマンレジェンド評は思いのほか低く出た。『カツラギ』は同馬を予想勝率7%での7番手としか扱っておらず、『ダビジェネ』本命ではあるものの、総合では3番手どまり。重賞の前2走も含め、まだG1レベルの指数には達していないというのが全体的な見解だ。
  『カツラギ』は予想勝率17%で(7)トランセンドを筆頭に推奨し、2番手15%(4)エスポワールシチーは『C−Lex』の本命。世代交代ではなく、古豪。既存のダート最強馬を強烈にプッシュする姿勢を見せている。
  (4)エスポワールシチーと(7)トランセンドに関しては紙一重だが、(4)エスポワールシチーが総合首位。穴系ソフトの推奨馬も6歳(11)ダノンカモンや7歳(2)シビルウォーといった高齢馬で、ジャパンカップダートは(4)から(7)(14)(9)(11)(2)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.