競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京阪杯


 (9)パドトロワや(10)エーシンヴァーゴウといった重賞勝ちのある5歳勢に、(4)サドンストームや(18)ハナズゴールといった新鋭3歳が挑む構図の第57回京阪杯。それに加えて(12)テイエムオオタカや(8)アドマイヤセプターといった前走スワンS組の4歳勢も加わり、レースは混沌の様相を呈している。
  そういった中でも予想ソフトがひときわ注目するのは、3歳馬の(7)オリービン。ここが初距離となる同馬だが、スピード的には足りるは判断されたということか。距離短縮で臨んだ前走のスワンS5着が一番の高評価となっている辺りがポイントなのだろう。
  『カツラギ』は(7)オリービンの予想勝率を25%と提示し、これが約半数の◎を占拠。『C−Lex』本命(9)パドトロワと『ダビジェネ』推奨(12)テイエムオオタカといった実績馬は、これに続く2、3番手に収まることになった。
  穴系ソフトの予想を見てみると、(17)マコトナワラタナ、(11)ビウイッチアスに(1)ハクサンムーンなど、実はこちらも3歳勢ぱかり。京阪杯は(7)オリービンから(9)(4)(17)(11)(1)、3歳馬中心の構成で攻めてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.