競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アルゼンチン共和国杯


 ハンデ戦とはいえ、07年アドマイヤジュピタ、08年スクリーンヒーローに10年トーセンジョーダンなど、近年はG1戦線への登竜門として重要度を増してきたアルゼンチン共和国杯。それら先輩諸氏に続くべく、今年は4歳馬が上位人気を占めることになりそうだ。
  しかし予想ソフトが注目しているのは、そういった4歳人気の中で唯一気を吐く7歳馬の(8)オウケンブルースリ。前年はトップハンデでの同レース2着。前走・京都大賞典で復活の狼煙を上げ、今年は斤量減でもう一歩の躍進を見込んでいるのだろう。
  『C−Lex』と『カツラギ』は予想勝率21%で同馬を筆頭推奨とし、『カツラギ』2番手は16%、『ダビジェネ』本命の(4)ルルーシュ。それらに続くのは(7)ムスカテールや(9)ギュスターヴクライで、まさに古豪(8)オウケンブルースリが4歳各馬を引率する形の評価順となっている。
  『Queen』をはじめとする穴系ソフトの推奨も(11)オーシャンブルーや(3)マイネルマークといった4歳勢で、アルゼンチン共和国杯は、(8)から(4)(7)(11)(3)(12)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.