競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 富士S


 東京メーンの富士Sは、G1・マイルCSへのステップと位置づけられるG3別定戦。2週前には類似条件のG2・毎日王冠、翌週にはG1・天皇賞が控える日程で、手薄になりがちなメンバー構成。ゆえに二桁人気の好走がめだつ、大荒れ傾向の重賞となっている。
  しかしそういった傾向をよそに、『カツラギ』と『ダビジェネ』は人気が予想される(8)コスモセンサーを本命に挙げてきた。東京競馬場9戦未勝利、重賞も1勝と不安の少なくない馬だが、予想勝率15%。予想ソフトの半数はこの馬が一歩リードという見解を示している。
  『C−Lex』は(14)スマイルジャックを本命とし、あとは安田記念で(8)と僅差の競馬をした(13)ダノンヨーヨーなど。しかしそれらはいずれも単発の◎で、(8)コスモセンサーを脅かすまでには至らない。
  実はこの辺りの馬は穴系ソフトからも厚い支持を得ており、的中率重視のソフトと回収率重視のソフト、相反する2系統の狙い目が一致するという珍しい予想結果に。これがどう作用するかは分からないのだが、富士Sは(8)から(13)(14)(15)(5)(6)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.