競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - スプリンターズS


 直近短距離G1の上位入線馬が一堂にそろうことになった今年のスプリンターズS。さらには(15)エピセアロームも直前でこの勢力に割り込み、ロケットマン一色だった前年とは違い、今年は日本馬が人気の中心を形成することになりそうだ。
  ただし、それらの中でも当然中心勢力となる(14)カレンチャンの予想ソフト評価は今ひとつ。一応『ダビジェネ』本命ではあるものの、『カツラギ』予想勝率11%。総合でも4番手に落ち着いた。上位組の1頭ではあるものの、過信は禁物か?
  予想ソフトは(14)カレンチャンの上に(11)パドトロワ、(13)ダッシャーゴーゴーと(15)エピセアロームの3頭を三つ巴と位置付けているのだが、それをあざ笑うかのように、『カツラギ』はシンガポールの(12)キャプテンオブヴィアスを本命に推奨。
  指数をみると、(16)ロードカナロアはもちろん、(14)カレンチャンも含めて近走G1級の走りを見せた馬は皆無ということらしい。それならば未知の強豪に期待するという論法か?その予想勝率は17%(7)リトルブリッジを上回る22%。スプリンターズSは『カツラギ』の英断を支持、(12)から(13)(15)(14)(11)(6)での勝負としたてみい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.