競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ながつきS


 中山メーンのながつきSは準オープンのハンデ戦。ここは連勝中の(1)ディーエスコンドルと(4)セイカフォルテを、現級勝ちの(2)ドレミファドンが迎え撃つという構図になりそうだ。勢いか、それとも実績か。
  そういった対立構造になると、やはり予想ソフトが重視するのは実績。『カツラギ』は予想勝率23%で(2)ドレミファドンを本命とし、2番手に12%で(7)キッズアプローズ。さらに続く3番手は11%(5)ヒラボクビジンであり、(1)と(4)はともに8番手以下ということになってしまった。
  こういった『カツラギ』評価に反発するように、『C−Lex』は(4)セイカフォルテに◎を打つのだが、全体としては焼け石に水。『ダビジェネ』の本命も過去にオープン勝ちのある(15)プレファシオであり、ここにも実績重視が見てとれる。
  そういった傾向は大穴系予想ソフトのほうにも見られ、こちらは人気と実績の剥離を探すことに長けたものが多い。ゆえにこちらも実績不足の馬は軽視の傾向となり、ここは(6)チョイワルグランパや(8)アストレーションなど。ながつきSは(2)から(15)(7)(16)(6)(8)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.