競馬マスターズ
2018年07月22日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館2歳S


 昨年までは8月上旬に施行されていた函館2歳Sが、今年は1ヵ月近く早まっての土曜日施行。前哨戦となるオープン特別もなくなり、前年までとはかなり毛色の違うレースとなりそうだ。
  各馬の実績がほとんど横並びである以上、予想ソフトの判断基準は持ち時計となるのだろうか? そう考えつつ各ソフトの印を並べてみたところ、やはり『ダビジェネ』本命(4)トルークマクト、『C−Lex』推奨(11)ティーハーフなど、時計上位の馬に◎が並ぶことになった。
  しかしそれういった流れを断ち切ったのは、他でもない的中率ナンバー1の『カツラギ』。これが何と地方馬(16)シーギリヤガールを筆頭に推奨してきたのだ。多くの予想ソフトは地方成績を“無いもの”として扱うのだが、これは地方成績も予想に組み入れる『カツラギ』ならではの◎か。
  (16)シーギリヤガールは門別での2走がハイレベルという評価なのだが、しかしその予想勝率は13%まで。他のソフトは初出走として扱う同馬は孤立無援の推奨で、総合的には3番手まで。函館2歳Sは、(11)ティーハーフから(4)(16)(3)(12)(5)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.