競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エプソムカップ


 東京メーンのエプソムカップは秋の飛躍を誓う試練の一戦。実績馬の出走は少ないが、ここを勝てば余裕を持って秋のG1戦線に挑めることになる。暑い夏が来る前に、ぜひとも賞金を加算しておきたいところだ。
  秋へ向けての飛躍となれば、期待されるのはキャリアの少ない3歳馬と4歳馬。おそらくそれら4頭が1〜4番人気を占めることになりそう。特に(1)セイクレットレーヴは同レース初となる3歳馬の出走。84年の第1回から3歳馬も出走可能なエプソムカップだったのだが、実際にはこれが初めての出走例となる。
  しかしその3、4歳馬も、予想ソフトの評価で明暗が分かれた。『カツラギ』と『ダビジェネ』は予想勝率23%で(6)トーセンレーヴを筆頭に推奨し、続いて20%の(14)ダノンシャーク。半数を超えるソフトがこの2頭を本命と対抗で固めていると考えても良い。
  それに対して、実績一番とも言えるはずの(18)レッドデイヴィスは△の印がいくつか付く程度。さらに3歳馬(1)セイクレットレーヴはまったく無印の状態となっており、エプソムカップは(6)トーセンレーヴから(14)(7)(5)(10)(11)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.