競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都新聞杯


 本日の東西メーンはダービーへと繋がる一戦。京都新聞杯、プリンシパルS、どちらのレースにも皐月賞出走馬が存在し、それぞれが人気の一角を占めることになりそうだ。予想ソフトは基本的に実績重視であり、こういったケースでは昇級馬よりもG1出走馬が評価されることが多い。
  京都メーンの京都新聞杯は皐月賞8着の(9)メイショウカドマツが『カツラギ』予想勝率33%での総合首位。同7着の(10)ベールドインパクトも『ダビジェネ』推奨17%で2位につけ、やはりこの2頭が他を大きく引き離す評価を得た。
  弥生賞で(9)メイショウカドマツに先着した(6)エキストラエンドは総合4番手にとどまり、京都新聞杯は(9)から(10)(11)(8)(2)(7)へ流す結論となる。
  東京メーンのプリンシパルSは、こちらも皐月賞出走馬の(15)フジマサエンペラーが存在するのだが、さすがに13着では首位を奪えず総合3番手。こちらの『カツラギ』本命は予想勝率18%の(16)サンレイレーザーであり、さらにその上を行く『C−Lex』推奨(12)ハイクラウン。こちらは(12)から(8)(15)(16)(4)(11)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.