競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アンタレスS


 阪神メーンのアンタレスSはダート1800mの別定重賞。このレースには一昨年勝ち馬の(5)ダイシンオレンジと前年勝ち馬(11)ゴルトブリッツが出走し、新興勢力となる4歳勢を受けて立つ形となっている。
  そういった中でも1番人気は前走でも圧勝を見せた(11)ゴルトブリッツか。予想ソフトの総意としてもこれに逆らう向きは一切なく、『C−Lex』や『ダビジェネ』も含めて全会一致の◎。『カツラギ』予想勝率51%は、2番手9%の(7)シルクシュナイダー以下を問題としない数値である。
  しかし例えば(3)ニホンピロアワーズが総合6番手にしかならなかったように、予想ソフトは基本的に地方成績を考慮していない。ならば中央に限れば重賞1勝の(11)ゴルトブリッツも低評価かもしれないと考えていたのだが、それはまったくの杞憂。指数を見ていくと、単純に1走1走すべてが高評価、ハイレベルで安定しているということだ。
  穴系ソフトのイチ推しは(6)ライブコンサートで、この馬はダート未勝利ながら前走マーチSではシルクシュナイダーとも差のない競馬。アンタレスSは(11)から(7)(5)(12)(2)(6)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.