競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神牝馬S


 明日の桜花賞を前に、阪神牝馬Sでは過去2年の桜花賞馬が直接対決。同じ桜花賞馬でも牝馬限定の中距離を中心に使われている(16)アパパネと、牡馬相手の短距離路線に狙いを絞りつつある(10)マルセリーナ。牝馬限定1400mで、この対決は見ものだろう。
  しかし予想ソフトのイチ推しは、そのどちらでもない(7)フミノイマージンだった。的中率1位の『カツラギ』こそ予想勝率16%で(16)アパパネを本命としているのだが、『ダビジェネ』や『C−Lex』など(7)フミノイマージン派にとって両桜花賞馬はおおむね3番手以下の存在。トータルでは巻き返しているものの、(7)フミノイマージンを逆転するまでには至らなかった。
  印がバラけているということは、すなわち実力差の少ない混戦ということで、それら2番手グループの中に(3)エーシンハーバーや(9)レディアルバローザ、(4)キョウワジャンヌなどが潜りこむことになる。
  穴系ソフトの推奨は(13)(11)(15)辺りなのだが、ここまで印が回せそうにないのが辛いところ。阪神牝馬Sは総合3位評価の(10)を削って、(7)から(16)(3)(9)(4)(15)の馬連5点で勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.