競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 高松宮記念


 5連勝、1200m6戦無敗の(1)ロードカナロアが堂々の1番人気で臨むG1競走の高松宮記念。しかし同馬の予想ソフト評はすべて対抗どまり。指数をみると、G1ではまだ少し力不足と考えられているようだ。
  その原因となっているのが同厩舎(10)カレンチャンの存在。昨年のチャンピオンスプリンターは予想勝率36%で『カツラギ』と『ダビジェネ』の推奨を受け、それに対する(1)ロードカナロアは33%となっている。
  3番手(16)ジョーカプチーノは大きく離れた9%であり、さらに4番手(9)エーシンダックマンは6%という状況、(1)ロードにとっては(10)カレンチャンの存在が大きな壁となるのだろうか。
  『C−Lex』の本命は(9)エーシンダックマンで、こちらはデビュー以来21戦連続でハナを譲っていない稀代のスピード馬。純粋なスピード能力が評価され、全体◎の印は(10)カレンチャンとほぼ同数となっている。
  穴系ソフトの印を見ると、なんとこれも(1)ロードカナロアや(10)カレンチャンと同厩舎の(15)ダッシャーゴーゴーと(18)トウカイミステリー。高松宮記念は(10)から(1)(9)(15)(3)(18)、安田隆行厩舎の4頭を中心に攻めてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.