競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - スプリングS


 今年は弥生賞よりもメンバーがそろったのではないかと言われるスプリングS、なるほどたしかに弥生賞2番人気のフェノーメノは、ここに入れば5番人気以下だったかも知れない。
  そういった中でも1番人気は(9)ディープブリランテで確定的。しかし同馬は『ダビジェネ』の本命推奨馬ではあるのだが、全体的な評価としては△の印が目立ち、総合では3番手にとどまった。
  的中率1位『カツラギ』の推奨馬は(14)グランデッツァ。しかしこれも予想勝率21%であり、決して抜けた存在ではない。オッズが示す以上に混戦ムード、最終的に印の数で首位を奪うのは『C−Lex』本命の(3)マイネルロブストとなる。
  穴系ソフトの推奨も(4)ロジメジャーや(10)サトノギャラント、(7)ビービーなど枚挙に暇なく、(11)アルフレードと(13)ゼロスは存外の低評価。スプリングSは(3)から(14)(2)(4)(10)(7)へ流してみたい。
  (12)オルフェーヴル始動の阪神大賞典は、やはり全ソフト異論なくこの馬に◎。ただし06年に58%だったディープインパクトには及ばず、予想勝率は38%。一抹の不安はあるが、それでも(12)から(2)(4)(1)(11)(9)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.