競馬マスターズ
2018年07月22日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ファルコンS


 中京競馬場が全面改装され、今年から芝1400mで施行されることになったファルコンS。芝1400mと言えば、この距離での重賞ウイナー(14)レオアクティブが実績面からも衆目集めることになるだろう。
  しかし予想ソフトのイチ推しは、その1400mで(14)レオアクティブを下している(5)トウケイヘイロー。朝日杯FSでも(14)とは僅差の競馬を見せており、力量的には互角だろうか。『ダビジェネ』と『C−Lex』が◎を打つ馬だ。
  (14)レオアクティブも予想勝率13%ながら『カツラギ』の本命ではあり、上位接戦伏兵多数の難解な一戦。ファルコンSは(5)トウケイヘイローから(14)(1)(2)(10)(11)へ流す結論となる。
  中山メーンのフラワーCは、こちらも予想勝率13%ではあるものの、(11)コリーヌが『カツラギ』の本命。どうやら菜の花賞が高く評価されているようで、そこで(11)に先着した(7)(8)(9)はすべて次走で大きく指数を落としての繰り上がり。
  しかし『ダビジェネ』や『C−Lex』など他ソフトの賛同は一切得られず、総合ではやはり(7)メイショウスザンナ。こちらは(7)から(6)(11)(8)(1)(14)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.