競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 弥生賞


 01年に皐月賞馬となったアグネスタキオンと同じく、デビュー2戦目でラジオNIKKEI杯2歳Sを勝った(12)アダムスピーク。同馬が3戦目に選んだのは、これもアグネスタキオンと同じ弥生賞で、その再来が期待される舞台となるだろう。
  しかし予想ソフトの評価は辛らつだった。01年当時、アグネスタキオンに43%の予想勝率をつけていた『カツラギ』は(12)アダムスピークを11%の4番手としか見ておらず、25%(8)フェノーメノや14%(4)アーデントはもちろん、前走で下した12%(2)トリップに対しても劣勢。前走指数は抜けているが、今回はそこまで走れないのではないかという見解だ。
  (8)フェノーメノを本命とする動きは『ダビジェネ』にも見てとられ、総合的にもこれが不動の軸。それに加えて『C−Lex』が(11)ブリスアウトを推奨するなど、(12)アダムスピークは総合3番手でしかない。
  穴系ソフトの推奨は(5)コスモオオゾラや(3)タイセイスティング、(11)ブリスアウト辺りで、弥生賞は(12)アダムスピークを消しての勝負。(8)フェノーメノから(4)(11)(2)(5)(3)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.