競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都記念


 少頭数ながら好メンバーの集まった京都記念。1番人気は天皇賞2着の(1)ダークシャドウということになりそうだが、『カツラギ』は予想勝率28%で(4)トーセンラーを本命に挙げてきた。
  それに続く2番手が25%の(7)ウインバリアシオンで、同馬は『C−Lex』の本命。予想ソフトは4歳を中心視かと一瞬は思えたのだが、それもやはり全ソフトの印を総合すると、首位に位置していたのは『ダビジェネ』推奨(1)ダークシャドウということになっていた。
  もう1頭の人気馬(9)ヒルノダムールは穴系ソフトの推奨のみにとどまり、京都記念は(1)から(4)(7)(3)(6)(8)へ。
  東京メーンの共同通信杯は、こちらも人気の(2)ディープブリランテではなく、(8)スピルバーグが予想勝率21%での『カツラギ』本命。これは波乱ムードかと思いきや、こちらも『ダビジェネ』『C−Lex』が(2)ディープブリランテの推奨でアッサリと逆転となった。
  京都記念も共同通信杯も『カツラギ』のみの意見では全体意見をくつがえすには至らず、波乱のムードは無し。こちらは(2)ディープブリランテから(8)(4)(9)(10)(5)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.