競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クイーンC


 東京メーンのクイーンカップは3歳牝馬を集めて行われるG3競走。近年このレースの勝ち馬は2ヵ月後の桜花賞に直行するローテーションが定着しているのだが、残念ながら桜花賞では今ひとつの成績に終わっている。しかしそれでも、ウメノファイバーやダイワエルシエーロなど、オークスで穴をあける馬は目立つところ。さすがに東京コース、その点は要チェックだ。
  今年は阪神JFで5番人気4着と好走した(12)イチオクノホシが人気を集めそうなところ、やはり予想ソフトも『カツラギ』『ダビジェネ』の両巨頭が同馬を推奨し、予想勝率19%。▲以下の印はひとつも見当たらない、安定株と言えるだろう。
  『カツラギ』は(9)ヴィルシーナを予想勝率18%で2番手に挙げ、以下14%(1)ハイリリー、12%(8)オメガハートランドの順。『C−Lex』本命の(3)エクセラントカーヴも含め、この辺りが上位を形成することになりそうだ。
  穴系ソフトからは、万馬券製造機の異名を持つ『Queen』の(16)キボウダクリチャンと(4)エミーズパラダイス。クイーンCは(12)イチオクノホシから(9)(1)(3)(4)(16)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.