競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都牝馬S


 京都メーンの京都牝馬Sは別定戦だが、牝馬限定戦特有の現象と言うべきか、ハンデ戦さながらの混戦となりそうだ。そういった中、予想ソフトが注目しているのは『カツラギ』『C−Lex』の本命として重なった(3)ドナウブルー。前年の牝馬三冠路線は出走さえ叶わなかった素質馬だが、予想勝率29%を提示されてここが飛躍の足がかりとなる。
  『カツラギ』は2番手に13%で(4)ショウリュウムーンの名前を挙げ、同馬は『ダビジェネ』の本命。それに続くのは12%(12)ダンスファンタジアで、(5)コスモネモシンは4%で9番手にとどまっている。
  予想ソフト全体の評価を見ると(3)ドナウブルーが圧倒的。しかしそれなら、その(3)ドナウブルーと近走2度対戦して2度とも先着しているビッグスマイルも軽視はできないはずで、この辺りが予想を難しくしているとも考えられる。
  ただし(3)ドナウブルーは一走ごとに指数を上げており、今回はさらにもう一段上が見込まれている感。京都牝馬Sは穴系ソフト推奨の(6)クィーンズバーンなども加え、(3)から(4)(10)(12)(6)(16)へ流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.