競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - シルクロードS


 京都メーンのシルクロードSでは2頭の4連勝馬、(7)ロードカナロアと(8)ダノンフェアリーが激突。すでに前走で重賞を勝っている(7)ロードカナロアに対し、重賞初挑戦の(8)ダノンフェアリーは実績で劣ることになるのだが、2kgのハンデ差が悩ましいところだろう。
  ハンデと言えば(7)ロードカナロアもトップハンデではなく、斤量的には3番手。さらに牡牝の差を考えれば実質トップハンデは牝馬の(3)エーシンヴァーゴウと考えることも可能で、この辺りにハンディキッパーの思惑が見え隠れする。
  そういった斤量差にも見てとれるように、(7)ロードは予想ソフト人気も今ひとつ。『カツラギ』は予想勝率51%で同馬を本命とするものの、それ以外の『ダビジェネ』『C−Lex』などはすべて(13)エーシンダックマンを筆頭に推奨。『カツラギ』予想勝率では16%の2番手だが、総合ではこれがアッサリと(7)ロードを逆転することになった。
  (8)ダノンフェアリーも『カツラギ』が10%の3番手に挙げているほかは無印にも近い状態で、ここは2頭の4連勝馬を軽視。シルクロードSは(13)から(3)(2)(4)(15)(12)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.