競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アレキサンドライトS


 中山メーンのアレキサンドライトSは、(8)ゴールデンチケットや(5)マイネルオベリスクといった安定勢力に、(2)グリッターウイングや(11)コスタパルメーラといった新興勢力がいどむ構図。比較が難しい上にハンデ戦ということもあり、予想ソフトの評価も割れた。
  まず『C−Lex』は(2)グリッターウイングを本命とし、『ダビジェネ』は(12)スエズ。もちろん(8)ゴールデンチケットもそれらに劣らぬ数の支持を得ている。
  しかし的中率ナンバー1の『カツラギ』が筆頭に推奨してきた馬は4歳牝馬の(4)ダートムーア。2走前の内容が素晴らしく、年齢を考慮してか、まだまだ伸びしろがあるという推断だ。
  このレースにおける(4)ダートムーアの予想勝率は19%と算出されており、続いて16%(8)ゴールデンチケット、11%(11)コスタパルメーラの順。『カツラギ』は新興勢力、とりわけ4歳2頭を高く評価している。
  万馬券製造機の異名をもつ穴系ソフト『Queen』は(15)ヒシパーフェクトと(7)ベルモントガリバーの2頭を挙げ、アレキサンドライトSは(4)から(8)(11)(12)(15)(7)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.