競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 菊花賞


 05年ディープインパクト以来、6年ぶり史上7頭目の三冠馬を目指す(14)オルフェーヴル。その三冠達成確率は如何ほどなのか、そこに焦点が集まる第72回菊花賞となった。
  まず的中率ナンバー1、予想ソフト『カツラギ』は(14)オルフェーヴルに対して17%という予想勝率を提示してきた。これは2番手15%(5)フェイトフルウォーや3番手14%(8)ベルシャザールを退けての最上位評価なのだが、05年菊花賞で予想勝率31%と評価されていたディープインパクトに比べると物足りなくも見える。
  同じく近年三冠を賭けて菊花賞に臨んだ03年3着ネオユニヴァースは18%、06年4着メイショウサムソンが12%だったことからもギリギリであることが推測できる。(14)オルフェーヴル自身も、20%のダービー、46%を記録した神戸新聞杯から数値を落としての出走だ。
  しかし『カツラギ』がそうであるように、数値は低くとも(14)オルフェーヴルを2番手以下に落とす予想ソフトはほとんど無い。『C−Lex』が(1)トーセンラーを立てて抵抗を試みるも、印の差は歴然。予想ソフトの結論、菊花賞は(14)から(1)(5)(12)(6)(15)での勝負となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.