競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 富士S


 本日の東京メーンはマイルCSへのステップと位置づけられるG3の富士ステークス。しかし2週前には毎日王冠、翌週には天皇賞が控える日程で、多少手薄になりがちなメンバー構成。そういった背景もあって、過去2年は二桁人気が2、3着に入り、3連単は200万馬券前後の超高配当となっている。そのような傾向から、今年はハンデ戦さながらの人気割れが予想されるところ。
  しかしそれでも、予想ソフトの本命は(9)ストロングリターンに集中した。『カツラギ』予想勝率も22%と安定しており、唯一これに対抗する『ダビジェネ』本命14%(13)エイシンアポロンをも大きく突き放す。G1安田記念を小差で2着した実績、手薄なメンバーのG3なら当然といえば当然か。
  2番手グループはやはり混戦だが、『カツラギ』予想勝率14%の(5)マイネルラクリマや11%(7)ライブコンサートといった辺りが優勢。『Queen』をはじめとする穴系ソフトは(1)アブソリュートや(3)ダンスファンタジアの名前を挙げており、富士ステークスは(9)ストロングリターンから(13)(5)(7)(1)(3)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.