競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ペルセウスS


 秋も深まる東京開催、朝晩はすっかり寒くなってしまったが、競馬の熱い季節がやってきた。その初週は月曜日のG1南部杯を含む3日連続での開催。徐々にテンションを高めつつ、年末を迎えたいところだ。
  本日の東京メーンはオープン特別のペルセウスS。ここは(11)ケイアイテンジンや(9)ナムラタイタンなど1400mを得意としている馬が人気を集めそうなところだが、予想ソフトの票はもっと長い距離を主戦場としてきた(6)ナニハトモアレに集まった。
  個々の競走馬を見ると例外も少なくはないのだが、競走馬全体、レース全体を考えると、やはり中距離戦のレベルは短距離戦より一枚上。そういった中、中距離重賞で2度2着するなど実績のある(6)ナニハトモアレは抜けた能力馬という扱いになったということか。
  『カツラギ』と『C−Lex』は予想勝率32%で同馬を本命に推奨し、2番手13%の(11)ケイアイテンジンや3番手12%(9)ナムラタイタンは大きく離れての2番手グループ。この辺りはむしろ穴馬候補として名前が挙がってしまうところで、ペルセウスSは(6)から(9)(3)(12)(4)(5)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.