競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟日報賞


 新潟メーンの新潟日報賞は準オープンのマイル戦。ここは新潟初参戦の(6)ランリョウオーが659mの直線でどういった末脚を見せるのかが楽しみな一戦。この馬に関しては、すでに陣営も重賞戦線をにらんだローテーションを考えていることだろう。
  予想ソフトも当然の(6)ランリョウオー推し。『ダビジェネ』『カツラギ』などが予想勝率35%での筆頭に推奨し、2番手17%(12)ミッキーチアフルや3番手14%(7)サクラネクストなどに対しても圧倒的なリードを保っている。
  唯一『C−Lex』が(12)ミッキーチアフルのほうを上に挙げているものの、その差は歴然。(6)ランリョウオーのほかにも(1)ミクロや(5)ピースなど末脚自慢が顔をそろえるレースだが、それらとはまったく異質の末脚と考えられているようだ。
  ただし、それら末脚自慢の存在もあって(6)を除いた2番人気以降は接近した人気にもなりそうな気配。穴系ソフトの推奨馬はそこに上手く収まってしまった感があり、どの目を狙っても人気どころに収まりそうなのは残念なところ。新潟日報賞は(6)から(12)(7)(1)(5)(2)の手堅い買い目が結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.